無線LANの特徴と選び方について

スマートホンとタブレット端末の普及は、私たちの生活を便利なものに変えてくれました。
今までならば、インターネットに接続して各種サービスの享受のためにはパソコンが不可欠だったのが、こうしたデジタル機器によりいつでもどこでも接続できる環境が整いました。



屋外でインターネットに接続する場合には、公衆無線LANや携帯電話サービスのキャリアーが構築した通信網を介しての接続になります。

これに対して家庭や会社などの屋内では、光ファイバー網からの信号をブロードバンドルーターで受け、分岐ハブなどのネットワーク機器を介しての接続で行われます。



接続する機器によって信号の伝送方式が異なり、パソコンならば有線LANで、モバイル機器では無線LANとする選び方が一般的です。
無線LANは信号の周波数と伝送方式と暗号化から分類することができます。



使用が認められている電波の周波数帯域は2.4GHzと5GHzの2種類であり、当初は2.4GHzの製品が普及していましたが、集合住宅などで無線LANの機器の密集化によって速度低下が続発したことから、5GHzへの利用の推移が顕著になっています。
通信の速度に直結している伝送方式には、IEEE802の11bやgやnやacなどの規格があり、高速通信を求めるのならばac規格がおすすめな選び方です。
有線と異なり無線では通信傍受が懸念されるため、信号の暗号化は必須です。

暗号化にはWEPやWPAやWPA2などがありますが、黎明期の規格であるWEPは一瞬でクラックされてしまうとの報告もあるので、WPAやWPA2の採用が必要です。


機器の価格については、最新のスペックで高速伝送を売りとしている製品は高額であるため、これよりも一つ前の機種であっても安全に使える上に安価であり賢明な選び方です。