無線LANの仕様と選び方について

インターネットは現代社会にはなくてはならない存在で、今や電気や水道やガスなどと同様に重要なインフラであると言えます。


屋外では、スマートホンやタブレット端末で携帯電話会社の接続サービスや公衆無線LANに接続します。
屋内では、パソコンや携帯デバイスを光ファイバーによるブロードバンド回線に接続して利用する例が多いです。



この際には、ブローバンドルーター経由で分配された信号をパソコンやデバイスで送受信しますが、接続方法として有線と無線とがあり、有線の場合はLANケーブルによって接続され、無線の場合は無線LAN機器と接続されます。
無線LANには、信号の伝達方式や暗号化方式や周波数によって分類がされ、それぞれ一長一短の特徴があります。



伝達方式としてはIEEE802.11規格の11bや11gや11nや11acなどがあり、伝送速度はac規格が最速です。

暗号化方式としてはWEPやWPAやWPA2などがあり、WEPは容易に傍受されてしまうことが報告されていて、WPA2は最も情報漏えいがされにくい方式であるとされています。



周波数では2.4GHzと5GHzとがあり、高速通信が可能なのは5GHzで、周辺のLAN機器との混信にも強い仕様になっています。

このように規格がさまざまあるので選び方を迷ってしまいますが、最新の規格に準拠した製品であっても比較的安価に手に入れることができますので、導入にあたってはできるだけ新しい規格の製品を選ぶことが適切な選び方です。特にマンションやアパートなどの集合住宅では、機器が密集していますので、混信や速度低下が起こりやすくなります。


この場合は、安定通信を誇る最新規格の製品とすることが賢明な選び方です。