• パワーコンディショナー比較のポイント

    ソーラーパネルの発電を家庭で使える電力に変換するための装置がパワーコンディショナーです。この変換効率が発電性能に大きく影響します。そのためソーラーパネルの比較よりもパワーコンディショナーの比較の方が重要になります。


    パワーコンディショナーは比較するときには、いくつかの注意点があります。


    それぞれを比較して、自分の希望に合ったものを選択しないと後で後悔することになります。

    その中で最も重要なのが変換効率です。
    どれだけの発電をロスなく電力に変えることができるかと言うことです。


    各メーカーが示している公称値では、94%が一般的な変換効率です。
    高いところでは97%の高変換率のものもあります。

    たかが3%と思うかもしれませんが、10年や20年と使用することを考えると大きな差が出てくることになります。変換できなかったエネルギーは熱によって周囲に排出されます。

    パワーコンディショナーの最新情報を見つけよう。

    その他に注意したいのが運転音です。動作の時にスイッチを切り替える音や発熱を冷却するためのファンの音など気になる場合があります。



    設置場所にもよりますが、屋内に設置するとうるさくて不快に感じることも考えられます。

    できれば選択時に実際に動いている時の音を確認した方が安心です。接続できるソーラーパネルの回路数も比較すべき点です。

    集中型と言って1回路しか接続できないタイプが一般的です。


    それだと接続されるパネルの発電量を一定にする必要があり、発電量の低いパネルには昇圧装置が必要になります。また複数のパネルからの配線を一括する接続器が必要です。



    複数の回路をつなぐことがマルチストリング型ならそれらの装置が必要ありません。