• パワーコンディショナーとは何か

    パワーコンディショナーとは、そのままでは家庭で使用できない直流の電気を交流に変換するために使用される装置であり、太陽光発電などで用いられます。

    オンリーワンのパワーコンディショナーを考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

    また、電気を変換するだけでなく、気象や気温などで変化して発電される電気を最大の電力で出力できるように調整します。

    系統連系保護と呼ばれる機能もあり、これは電線で外部と繋がれている太陽光発電システムに異常が起きたときに、家庭や周囲にトラブルを起こさないようにパワーコンディショナーの出力を停止させる役割があります。

    パワーコンディショナーを選ぶときのポイントとして、変換効率をチェックします。
    交流への変換の際にロスが発生し、効率が低いと無駄が多くなります。

    比較する際の基準として、平均的な変換効率は95%程度になります。
    定格出力も重要であり、利用できる最大の出力を表すもので、どんなにソーラーパネルを多く設置して発電力を増やしても、定格出力を超えてしまうとカットされてしまうため、導入する太陽光発電システムの規模に合うものを選びます。



    太陽光発電には災害などで停電した際に非常用電源として使えるメリットがありますが、これはどのようなシステムでも使えるものではありません。



    パワーコンディショナーの自立運転機能が必要になるため、対応した製品を選びます。なお、非常用コンセントも必要となる場合があるので注意します。
    太陽光発電システムの設置工事を依頼する際に指示していないとコンセントが用意されず、使えなくなってしまうことがあります。