• パワーコンディショナーの性能次第で効率が変わる

    太陽光発電システムには欠かせないパワーコンディショナーは、各メーカーがしのぎを削ってシェア争いをしている重要な設備です。

    太陽光発電パネルでは、直流方式で発電されていますが、売電時には交流に変換しなければ近所で使ってもらうことが出来ません。
    このため、直流を交流に変換するシステムとして認識している人が多いわけです。
    しかし、パワーコンディショナーが果たす役割には、そもそも太陽光発電パネルでいかに効率良く電気を取り出すかという点を決める役目があります。

    パワーコンディショナーについての情報です。

    太陽光は、天候や太陽の位置により入射角と光の強さが変わるので、常時同じ動作点で発電させていると発電ロスが出てしまいがちです。



    適切な動作点を決めてこそ、最大電力を発電出来るので、パワーコンディショナーにより常に最適な動作点を維持することが求められています。


    最終的に作られた再生可能エネルギーは、家庭内で使われる分を除いて地域の送電網へと流されます。



    どのように送電網へと流せば良いのかを管理する役割もパワーコンディショナーは持っているわけです。メガソーラー発電所では、ひたすら昼間は売電を行なうことになるので、家庭内で使う分を考える必要はありません。しかし、パワーコンディショナーが故障してしまうと、発電が維持出来なくなることは確かです。

    異常が発生した時に、いち早く管理者へと通信出来る仕組みを組み合わせて使うことが求められているのは、それだけ重要なユニットだからです。